面接の質問に対する効果的な回答のポイント

面接と聞いて稀に得意な人もいますが、だいたいの人は緊張したり苦手と感じることが多いのではないでしょうか。

就職活動の面接に対する心得

面接の質問に対する効果的な回答のポイント 面接と聞いて稀に得意な人もいますが、だいたいの人は緊張したり苦手と感じることが多いのではないでしょうか。生涯のうち、面接を一度も受けたことがない、という人はほとんどのいないはずです。それだけ誰でも経験があることなのに慣れないと感じる人は多いはずです。今回は、面接に対する心得を中心にレポートします。

面接の機会とは、意外とたくさんあるもので、まず人生で一番初めに面接を経験する機会があるのは、学生時代の受験です。受験ですから、面接で失敗したら落ちる、など緊張度も高いですよね。ただ、真剣に素直に応対すれば、ちゃんと通るはずです。他にも資格の面接、学校生活でも三者面談など様々な面接があります。今回は、学生時代を終えた段階、就職活動時の面接についてピックアップします。就職活動の面接は、今までの学生時代の面接とは少し違います。今までは、試験の補助的な扱いで、面接が失敗しても他の試験でカバーできます。ですが、就職活動の面接は、面接が一番重要といっても過言ではありません。会社側も、人間対人間で接する限られた時間でその人間と会社のマッチングを判断しなければなりまけん。では、就職活動の面接でどんなことを重視すればいいのか、留意点などを探っていきます。

まずは、第一印象です。新卒の就職活動では、リクルートスーツが基本とされていて、身だしなみもしっかり学校から指導が入ります。中途採用の場合も、同様にリクルートスーツとまどは行きませんが、正社員、派遣、パート、アルバイトのいずれであってもスーツを着用して臨むのが好ましいです。次に態度です。面接前には履歴書を良く見直して矛盾のないよう嘘がないよう的確は受け答えが求められます。スムーズに答えられるためにも家でリハーサルを行っておくのも良いですね。

ピックアップ