面接の質問に対する効果的な回答のポイント

面接というのは様々な質問を受けます。

面接の質問に対する効果的な回答のポイント

面接の質問に対する効果的な回答のポイント 面接というのは様々な質問を受けます。これが試験である以上は、一見すると業務と無関係に思える内容の質問であっても実は応募者の性格や趣向を計ることで募集業務への適正や社風とのマッチングを判断する材料にしている場合も多々あります。従って、面接に臨む上で想定されるあらゆる質問への答えを台本のように用意してゆくことが重要です。

あらゆる質問を想定といいましたが、もちろん全く想定もしていない質問を受ける事もたまには起きるでしょう。対応力をみるためにあえて突飛な質問をする面接官もいるからです。そうした場合にも、慌てずに回答方法に基礎に従いつつアドリブを利かせて答えましょう。ここでいう回答方法の基礎とは、あらゆる質問の回答に志望動機と自分のスキルを混ぜて答えることです。

例えば何故この職種を選んだのかという質問に対しては、自分はその職種に必要な資格を持っており、御社が力を入れているその分野の事業でそれを活かしたいからとです。といった具合に応えることで、志望動機と同時に自分の資格やスキルを自然な形で結びつけてアピールできるので、質問に対して表面上の意味そのままの答えをただ単答的に答えるよりは遥かに効果的に切り返すことができるというわけです。

ピックアップ